acミラン対エラス・ヴェローナ試合経過

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

--> サイト内検索  English English --> English --> 印刷画面 ご意見・お問い合わせ MENU  利用案内 開館時間・所在地/はじめてご利用の方へ 開館時間・所在地 本学の学生・教職員の入館と図書館利用者票 卒業生・学外一般の方の利用について 借りる・返す 借りる・返す 複写する 複写する 施設・設備 施設・設備 資料の入手 資料を取り寄せる 他大学等の図書館を利用する(訪問利用) Elsevier社電子ジャーナル等の前払いPPV(Pay Per View)サービス 図書館利用に障がいのある方へ 図書館利用に障がいのある方へ 他機関図書館職員の方へ 当館への文献複写・図書借用依頼について ILL文献複写料金後払い許可申請の受付 資料を探す まとめて検索 ディスカバリーサービス 蔵書検索(OPAC) 蔵書検索 使い方 コレクション・電子化資料 コレクション 教員著作 大阪大学の博士論文 大阪大学の博士論文について 電子ジャーナル タイトルリスト 提供元別リスト 電子ブック タイトルリスト 提供元別リスト e-Bookで多読 データベース データベース 設定方法 電子リソースの探し方・利用方法 電子リソースのご利用にあたって 電子リソースの探し方 キャンパス外から電子リソースを使う 学術機関リポジトリ 大阪大学学術情報庫OUKA リポジトリ登録支援システム  学習・研究支援 資料の調べ方ガイド 入門編・資料タイプ別・主題別 パスファインダー 講習会・ガイダンス 講習会・ガイダンスの開催情報 講習会・ガイダンスの教材 学習相談・調査相談 ラーニング・サポートデスク レファレンス・デスク 論文の執筆・投稿・公開 引用ガイド 文献管理ツール 投稿先学術雑誌の評価方法 APC(オープンアクセス出版料)の免除・割引 オープンアクセス 大阪大学オープンアクセス方針 論文の執筆・投稿・公開に関するセミナー 資料の購入について 図書の購入 図書購入・資産登録ガイド 製本のご案内 雑誌購読のご案内  図書館について 附属図書館について 沿革 理念と目標 図書館委員会 研究開発室 広報 刊行物 利用者アンケート イベント 学生と館長との懇談会 学生選書 図書展示 附属図書館イベント(総合図書館 図書館ホール) 図書館へのご寄付・ご寄贈について 図書の寄贈 附属図書館へのご寄付について 職員採用・研修 職員採用案内 職員研修  4つの図書館 総合図書館 生命科学図書館 理工学図書館 外国学図書館  Webサービス 貸出・予約状況照会 文献複写・現物貸借申込み 文献複写・現物貸借申込み状況照会 利用者情報編集 施設予約 講習会・ガイダンス申込み 講習会・ガイダンス申込み状況照会 大阪大学附属図書館 > 学習・研究支援 > APC(オープンアクセス出版料)の免除・割引 APC(オープンアクセス出版料)の免除・割引 最終更新:2024年3月29日 論文をオープンアクセスで出版する際、APC(Article Processing Charge;オープンアクセス出版料、オープンアクセス掲載公開料)の支払いが必要となる場合があります。 大阪大学の契約・購読状況に応じて大阪大学構成員に対しAPCの免除、割引が適用となる場合がありますので、ご案内いたします。 この他にも、著者が発行元の学会の会員である場合など、割引が適用されることがあります。詳細は、各ジャーナルの投稿規程やオープンアクセス出版の案内のページなどをご確認ください。 APCの免除・割引に関する情報 詳細情報は出版社名をクリックしてご確認ください。 出版社名等 論文数 費用 American Chemical Society 上限なし 割引適用 Cambridge University Press 上限なし 全額免除 Elsevier ※一部のジャーナルは対象外または割引適用のみ 上限あり 条件に合致すれば一部又は全額免除。詳細は英語論文投稿支援事業 学内者限定参照。 Microbiology Society 上限なし 割引適用※雑誌購読の有無に関わらず誰でも割引利用可能 Rockefeller University Press 論文数上限なし 全額免除 Royal Society of Chemistry 2024年:25本 全額免除 Springer Nature ※NatureとNature Journalsは対象外 上限あり 条件に合致すれば一部又は全額免除。詳細は英語論文投稿支援事業 学内者限定参照。 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 上限なし 割引適用 Thieme 2023年:4本 2024年:未定 全額免除 --> Wiley 上限あり 条件に合致すれば一部又は全額免除。詳細は英語論文投稿支援事業 学内者限定参照。 American Chemical Society(ACS 米国化学会) 大阪大学は「“All ACS Publications” Subscribing Institutions」に該当します。 投稿者がACSの会員である場合は、さらに割引率が高くなります。詳細は下記をご覧ください。 ACS AuthorChoice ACS ジャーナルのサイト Cambridge University Press (CUP ケンブリッジ大学出版) 大阪大学では、ケンブリッジ大学出版(CUP)が発行するジャーナルについて、購読料とOA出版料がセットになった「Read & Publish 契約」を結んでいます。 大阪大学構成員が責任著者であれば、CUP発行のジャーナルへ論文を投稿する際、無料でオープンアクセス化することができます。 期間 2020年1月1日から2025年12月31日まで(この期間中にアクセプトされた論文が対象となります。) 対象となるジャーナル CUPのWebサイト でご確認ください。 (「Country/Territory of your institution」に「Japan」と入力し、「Name of your institution」のプルダウンから「Osaka University」を選んでください。) 対象となる論文種別 Research articles、Rapid communications、Review articles、Brief Reports、Case Reports 参考資料 著者向けガイド(日本語)[PDF] 学内者限定 Guide for Author (英語) [PDF] 学内者限定 CUPの案内ページ(英語・日本語) 注意事項 大阪大学に所属していることを示すため、責任著者の所属機関は「Osaka University」としてください。 Elsevier(エルゼビア) 大阪大学では、Elsevier が発行するジャーナルについて、購読料とOA出版料がセットになった転換契約を締結しています。 大阪大学構成員が責任著者であり、かつ、一定の条件を満たせば、英語論文投稿支援事業によりAPCの一部もしくは全額が免除されます。 期間 2024年4月1日から2027年3月31日まで(この期間中にアクセプトされた論文が対象となります。) 対象となるジャーナル フリーダム・コレクションのコアハイブリッドジャーナル 具体的なタイトルについては大阪大学転換契約対象ジャーナル 学内者限定をご覧ください。 ①「Eligibility」が「Quota」となっているジャーナル: 英語論文投稿支援事業の条件を満たすタイトルのみがAPCの一部もしくは全額免除の対象となります。 ②「Eligibility」が「Discount」となっているジャーナル: APCの一部もしくは全額が免除とはならず、割引適用のみとなります(英語論文投稿支援事業への申請は不要です)。 対象となる論文種別 Case Report、Data in Brief、Full-length Article、Microarticle、Original Software Publication、Practice Guidelines、Protocol、Review Article、Replication Study、Short Communication、Short Survey、Video Article APC免除の条件や申請方法 マイハンダイの案内「英語論文の投稿支援 / Publication Support for English Research Papers」をご覧ください。 学内者限定 上記「対象となるジャーナル」のうち①「Eligibility」が「Quota」となっているジャーナルについては、Elsevier社が指定する手続きに加えて、上記に掲載された募集要項(英語論文のオープンアクセス支援事業【Elsevier社・Springer Nature社・Wiley社転換契約】)をお読みいただき、要項に記載されたオンラインフォームからの申し込みもお願いします。 お問い合わせ先:研究企画課研究企画課研究支援事業係(チャットボット)https://lampchat.io/nxq-zwfmwj0 参考資料 著者の手続き(日本語) 学内者限定 Author's Procedures (English) 学内者限定 注意事項 Cell PressやLancetのハイブリッドジャーナルは対象外ですのでご注意ください。具体的には上記「対象となるジャーナル」のリストと説明をご確認ください。 大阪大学に所属していることを示すため、所属機関は表示されるプルダウンから正しい機関を選択してください。マニュアルで入力した場合、契約とのマッチングが行われず、APCの免除や割引を受けられない可能性があります。    必ずマイハンダイの案内「英語論文の投稿支援 / Publication Support for English Research Papers」 学内者限定を事前にご確認ください。 Microbiology Society 論文をオープンアクセスにするための費用(APC)が10%割引になる「プロモーションコード」が配布されています。詳細は下記サイトをご覧ください。(有効期限:2025年6月まで) Microbiology Society OA出版費用割引プロモーションコードのご案内 ※国内総代理店のユサコ株式会社のウェブサイト上にあるPDFファイルにリンクしています。 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS) 大阪大学は「authors from institutions with current-year site licenses」に当たるため、割引価格が適用されます。詳細は下記サイトをご覧ください。 Publication Fees | PNAS PNAS ジャーナルのサイト Rockefeller University Press (RUP) 大阪大学では、Rockefeller University Press (RUP) が発行するジャーナルについて、購読料とOA出版料がセットになった「Read & Publish 契約」を結んでいます。 大阪大学構成員が責任著者であれば、RUP発行のジャーナルへ論文を投稿する際、無料でオープンアクセス化することができます。 期間 2024年1月1日から2024年12月31日まで(この期間中にアクセプトされた論文が対象となります。) 対象となるジャーナル Journal of Cell Biology (JCB) ジャーナルのサイト Journal of Experimental Medicine (JEM) ジャーナルのサイト Journal of General Physiology (JGP) ジャーナルのサイト 参考資料 手続き方法(紀伊國屋書店作成) [PDF] 論文投稿時の所属機関入力ガイド(紀伊國屋書店作成) [PDF] 注意事項 大阪大学に所属していることを示すため、著者の所属機関は「Osaka University」としてください。(ROR ID: https://ror.org/035t8zc32) Royal Society of Chemistry(RSC 英国王立化学会) 大阪大学では、英国王立化学会(RSC)が発行するジャーナルについて、購読料とOA出版料がセットになった「Publish & Read 契約」を結んでいます。 大阪大学構成員が責任著者であれば、RSC発行のジャーナルへ論文を投稿する際、無料でオープンアクセス化することができます(ただし大学全体で1年間に25本まで)。 期間 2024年1月1日から2024年12月31日まで(この期間中にアクセプトされた論文が対象となります。) 対象となるジャーナル ハイブリッドOAジャーナル 参考資料 手続き方法 [PDF] Guide [PDF] 注意事項 大学全体で1年間に25本の上限があります(アクセプトされた先着順)。 大阪大学に所属していることを示すため、著者のメールアドレスには本学からRSCへ事前に届け出ているリスト にあるドメインのメールアドレスを記載してください。 ご自身のメールアドレスのドメインがリストに無い場合は、論文がアクセプトされる前に附属図書館へご連絡ください。(お問い合わせ先) Springer Nature(シュプリンガーネイチャー) 大阪大学では、シュプリンガーネイチャーの転換契約パイロットプロジェクトに参加しています。 大阪大学構成員が責任著者であり、かつ、一定の条件を満たせば、英語論文投稿支援事業によりAPCの一部もしくは全額が免除されます。 期間 2023年1月1日から2025年12月31日まで(この日までにアクセプトされた論文が対象となります。) 対象となるジャーナル 次のインプリントのハイブリッドOAジャーナル Springer Adis Palgrave Macmillan Academic journals on nature.com 具体的なタイトルについてはシュプリンガーネイチャーの案内ページの「参加機関所属の著者の皆様へ」に掲載されている「対象ハイブリッドジャーナル」をご覧ください。 ※ただし、本学においては英語論文投稿支援事業の条件を満たすタイトルのみが対象となりますので、ご注意ください。 対象となる論文種別 Original Paper(原著論文)、Review Paper(レビュー論文)、Brief Communication(ブリーフコミュニケーション)、Continuing Education(継続教育) APC免除の条件や申請方法 マイハンダイの案内「英語論文の投稿支援 / Publication Support for English Research Papers」をご覧ください。 学内者限定 Springer Nature社が指定する手続きに加えて、上記に掲載された募集要項(英語論文のオープンアクセス支援事業【Springer Nature社・Wiley社転換契約】)をお読みいただき、要項に記載されたオンラインフォームからの申し込みもお願いします。 お問い合わせ先:研究企画課研究企画課研究支援事業係(チャットボット)https://lampchat.io/nxq-zwfmwj0 参考資料 シュプリンガーネイチャーの案内ページ Guide on Springer Nature's website 注意事項 NatureやNature姉妹誌、フルOAジャーナルは対象外ですのでご注意ください。 大阪大学に所属していることを示すため、著者のメールアドレスは大阪大学ドメインのメールアドレスとしてください。    本学では、Springer Nature の案内にある対象ジャーナルすべてが免除対象になるとは限りません。必ずマイハンダイの案内「英語論文の投稿支援 / Publication Support for English Research Papers」 学内者限定を事前にご確認ください。 Thieme 大阪大学で契約している電子ジャーナルパッケージ「Thieme Chemistry eContent Package」にフルOAジャーナル「SynOpen」のAPCバウチャーが特典として付いています。 大阪大学構成員が責任著者であれば、「SynOpen」のAPCが無料になります(ただし大学全体で1年間に4本まで)。 期間 2023年1月1日から2023年12月31日まで(この期間中にアクセプトされた論文が対象となります。) 対象となるジャーナル 「SynOpen」ジャーナルのサイト 参考資料 Thieme社のサイト「Authors' Guide – How to Redeem SynOpen APC Vouchers」 [PDF] 注意事項 大学全体で1年間に4本の上限があります(アクセプトされた先着順)。 大阪大学に所属していることを示すため、著者のメールアドレスには大阪大学ドメインのメールアドレスを記載してください。 Thieme 非表示化 ここまで--> Wiley(ワイリー) 大阪大学では、Wiley と Hindawi が発行するジャーナルについて、購読料とOA出版料がセットになった転換契約を締結しています。 大阪大学構成員がResponsible Corresponding Author であり、かつ、一定の条件を満たせば、英語論文投稿支援事業によりAPCの一部もしくは全額が免除されます。 期間 2024年1月1日から2024年12月31日まで(ハイブリッドOAジャーナルはこの期間中にアクセプトされた論文、フルOAジャーナルはこの期間中に投稿された論文が対象となります。) 対象となるジャーナル WileyのハイブリッドOAジャーナル WileyのフルOAジャーナル Hindawiのジャーナル(すべてフルOAジャーナル) 具体的なタイトルについてはWileyの案内ページ の「Hybrid OA Price List」と「Open Access Journal Price List」をご覧ください。 ※ただし、本学においては英語論文投稿支援事業の条件を満たすタイトルのみが対象となりますので、ご注意ください。 対象となる論文種別 原著論文、レビュー論文 APC免除の条件や申請方法 マイハンダイの案内「英語論文の投稿支援 / Publication Support for English Research Papers」をご覧ください。 学内者限定 Wiley社が指定する手続きに加えて、上記に掲載された募集要項(英語論文のオープンアクセス支援事業【Springer Nature社・Wiley社転換契約】)をお読みいただき、要項に記載されたオンラインフォームからの申し込みもお願いします。 お問い合わせ先:研究企画課研究企画課研究支援事業係(チャットボット)https://lampchat.io/nxq-zwfmwj0 参考資料 論文著者向けOA出版ガイド 学内者限定 クイックガイド(Wileyハイブリッド誌でのOA申請手続き) 学内者限定 クイックガイド(WileyフルOA誌でのOA申請手続き) 学内者限定 クイックガイド(Hindawi誌でのOA申請手続き) 学内者限定 Open Access Author Workflow Guide 学内者限定 Quick Guide - Wiley Hybrid OA Jounals Open Access Author Workflow 学内者限定 Quick Guide - Wiley Full OA Jounals Open Access Author Workflow 学内者限定 Quick Guide - Hindawi Jounals Open Access Author Workflow 学内者限定 注意事項 大阪大学に所属していることを示すため、著者のメールアドレスにはできる限り大阪大学ドメインのメールアドレスを記載してください。    本学では、Wiley の案内にある対象ジャーナルすべてが免除対象になるとは限りません。必ずマイハンダイの案内「英語論文の投稿支援 / Publication Support for English Research Papers」 学内者限定を事前にご確認ください。 お問い合わせ 附属図書館 学術情報整備課 E-mail: &#116;o&#115;y&#111;-o&#97;&#64;m&#108;&#46;o&#102;f&#105;&#99;e&#46;&#111;&#115;&#97;&#107;&#97;&#45;u.a&#99;&#46;jp 内線:5044、5064、5065(豊中)  関連リンク オープンアクセス 大阪大学オープンアクセス方針 (参考)マイハンダイ「研究成果の国際発信」学内者限定 (参考)マイハンダイ「英語論文の投稿支援」学内者限定 ページトップに戻る  所在地    サイトマップ Copyright © 2012 OSAKA UNIVERSITY LIBRARY All rights reserved.

ライブカジノハウス入金不要 Stake.com 攻撃者が Polygon 上の MATIC を BTC に交換 トロイディーニー ビーベットでRIZIN(ライジン)に賭ける | RIZIN LANDMARK ...
Copyright ©acミラン対エラス・ヴェローナ試合経過 The Paper All rights reserved.